ウエディングドレスとブライダルインナー

結婚式の式場が決まり、ウエディングドレスが決まったら、花嫁が用意しなければならないものに「ブライダルインナー」があります。ブライダルインナーは文字通り、ブライダルの服に合わせて着るインナー「下着」です。その役割は「体型の補正」「姿勢の矯正」「ドレスの重さ軽減」「型くずれ防止」などです。具体的にはバストアップしてくれるバストの補正用「ロングブラジャー」。腰のくびれをつくる、長期間姿勢を保つ「ウエストニッパー」、バストとウエストを補正する「ビスチェ」などが挙げられます。

もう少し細かく説明すると、普通のブラジャーよりも、カップ下のアンダー部分が長く、前部分にもボーンが入っているタイプのブラジャーです。丈の長さによって名称が変わります。ブライダル用の「ロングブラジャー」は「バストトップを高くして、ドレスを着た時に美しく見せる」ことが目的です。そのため補正力が高く、バストの垂れ下がりとボリュームアップを実現してくれます。肩を出すウエディングドレスを着る場合には、ブラジャーの紐がない方が良いので、「ロングブラジャー」をつけるケースがほとんどです。

「ウエストニッパー」はウエストを補正して、肩にくびれをつくったり、姿勢良く保つ役割を果たしています。ウエストニッパーとロングブラジャーは両方を重ねて着るという形になります。体のラインを綺麗に保つために、体を締め付けることになるので、結婚式当日以外の日にも着てなれておきましょう。詳しいことがわからない場合には、レンタルドレスショップなどで試着時に確認しておくことも忘れずに。