携帯電話と通信

海の波や、池の水面にできた波紋などをよく見ると、水は上下に動いているだけで、水そのものが水平方向に動いているわけではありません。その証拠に、水面に浮いてる木の葉などは、波が通り過ぎても僅かしか変わっていません。もし水が動いているなら、 一緒に流れていくはすです。波動とは「媒質」(この場合は水)に加えられた、「運動」なのです。声も同様に、空気を媒体に伝わる波の一種です。似た形の波が次から次へとやってくるように見えますが、実際には、水はその場で上下の運動を繰り返しているだけなのです。この1回の繰り返しをサイクルといい、このサイクルに要する時間を周期といいます。

通信に使われる電波は、周波数的な広がりがあります。このため、いくつかの通信を同時に行うには、お互いに信号が干渉しないよう、周波数を離してやらなければなりません。ひずみ波の周波数的な広がりは、その形によっていろいろと違ってきます。場合によっては、方形波のように無限の高調波を含む信号もありますが、その広がりは中心で最も強く、離れるに従って小さくなっていきます。このため、周波数がある程度離れれば、その影響は無視できる程度にまで低下します。携帯電話は電波を使って通信を行うものです。携帯電話では電波を使って通信を行いますが、通信以外にも携帯電話では携帯決済現金化なども行われます。