携帯電話の通信方式

携帯電話でのマルチプルアクセスに利用されるCDMAは、スペクトラム拡散通信と呼ばれる通信方式の1つだ。このスペクトラム拡散通信にはほかに、Bluetoothlこ使われている周液数ホッピンクなどがあります。この通信方式はほかの通信方式とは遣い、広い範囲の帯域を使います。しかし、CDMAFHはマルチプルアクセスが可能であるため、帯域が広くても利用効率は高くなります。通常の通信では、より多くの同時通信を実現するために帯域を狭くするよう に芯っていたが、この方式は逆に広い領域を使うことで、より多くの同時通信や高速な通信を可能にします。このため、スペクトラム「拡散」通信と呼ばれています。

回路は複雑に左よるものの、デジタル処理が可能であるため、デジタル回路を安価に製造できるようになりました。現在では、この複雑さはあまり問題にならなくなりました。これが、近年はになってスペクトラム拡散方式が普及してきたしたわけです。CDMAでは、 1Oの代わりに複雑なパターンを使います。このパターンはほかの通信と混ざってしまっても、パターンを知っていればあとから計算して復元することができます。これに対してFHでは、パターンに従って、送信する周波数を短い時間で切り替えていくので、同じパターンを知っていれば正しく受信できます。周波数が同時に重ならないようなパターンを複数使うことで、マルチプルアクセスをできるようにしているのです。携帯電話は他にも携帯決済現金化などによって、使われています。