携帯電話の音声信号

携帯電話では、音楽再生と違って広範囲に及ぶ音声データを扱う不可欠ではなく、会話を成り立たせるために必要な範囲の音声信号だけを送ることができればよいのが特徴です。携帯電話のコーテックは、このような前提で作られています。音声は連続した信号なので、これを伝送するときの遅れ(遅延)は一定でなければなりません。通話中の遅延が一定以上に大きくなると、音声が途切れてしまうからです。アナログ方式の携帯電話では、音声信号をそのまま送信しているのでこのような問題は発生しませんが、伝送路を常に占有してしまうため、電波の利用効率が悪くなってしまいます。それに対してデジタル方式の携帯電話では、音声をデジタルデータに変換し、これを圧縮して短い時間で送信できるようにします。具体的にはフレームと呼ばれる短い時間で音声を区切り、その時間内の音声データをデジタル化、圧縮 し、そのデータをひとまとまりとして送信します。このデータを送信するために必要な時間は、フレーム時間と比較しても短かくて済みます。このため、同じ周波数でいくつかの端末がフレーム時聞を分けあって送信することで、アナログ方式よりも多くの端末が同時に通信を行うことができます。フレームに対してデジタルデータを圧縮するなどしてさうに小さくすれば、フレームをより多く分割できるため、同じ周波数を使う端末の数を増やすこともできる。デジタルデ タを半分のサイズにすれば、2倍の端末が1つのフレームを共有できるようになります。これをハーフレートといいます。もとが音声データなので、人聞がフレーム時間の音声を話し切らないとフレームを作ることができないのです。携帯電話は他にも携帯決済現金化によって、携帯電話でアマゾンギフトなどを購入し、現金化するということもできます。