携帯電話の音声通信

携帯電話に限ったことではなく、通信では、自分と相手側の双方で、始める前に通信方式や制御方法などを了承しておく必要があります。携帯電話ではすたれてしまったが、固定電話では電話をかけたときに「もしもし、xxといいますが、00さんのお宅ですか」というような、決まり切った言い方がありました。これは、電話が正しく通じているかどうか、接続先は正当なのかどうかを把握するために言われいているセリフです。携帯電話は決済現金化などにも使われますが、少しずつ一般的になって来ているようです。

音声通信は人聞が行うため、その場に応じて処理できるが、基本的な通信方法や接続開始などの中には、あらかじめ手順を決めていなければならないことも多いのです。電話をかけるときに、電話番号をどのような形で電気信号にするのか、そもそも、これかうダイヤルすることをどうやって交換機へ伝えるのかつ 通信を行うためには、とのようなさまざまな手順を明確に決め、データの表現形式や電気信号の仕様などを定めておかねばなりません。                                                  こうした一連の取り決めを、通信プロトコルと言います。簡単なものにみえる固定電話でさえも、その通信プロトコルは膨大なものです。携帯電話ではさらに複雑なのです。このような複雑さに対応するために、通信プロトコルは階層を使って整理されます。基地局は、無線による接続や工ラー訂正などを携帯電話側と同じプロトコルで接続し、これを コアネ ットワークへ中継する機能を持つが、音声データなど通信の中身を扱うことはありません。基局とコアネットワーク側は、端末側とは別のプロトコルを使って接続が行われます。