大人婚のウエディングドレス

30代、40代、50代に結婚式を行うことを「大人婚」と言うのはご存知ですか。特に東京では30代以上になってから結婚する人が多く、昔と違い、大人婚は当たり前になってきました。

特に40代以降の結婚式は20代、30代と違い、派手なパーティーではなく、シンプルな演出の結婚式が多くなる傾向にあります。ウエディングドレスも20代のかわいらしい、ボリューミーな挙式ではなく、伝統や格式、洗練されたドレスを選ぶケースが多いようです。50代以降のご結婚は再婚というケースも多く、肌の露出の少ない、自身だけでなく周りに配慮されたドレスは、周りの人にも共感されるアイテムでしょう。肌の露出を減らすためには、ボレロの着用などもオススメしています。

アクセサリーも大人婚の場合には、落ち着いたアクセサリーで大人の雰囲気を存分に楽しむものが良いでしょう。

また、大人婚の場合、出席する高年齢の親族も増えますので、配慮が必要です。加えて、30代以降となると結婚していない人が減って来て、結婚していないことを憂慮している人も増えてくる年齢です。そのため、独身の人を集めてのブーケトスなどのイベントは避けるようにしましょう。友人に余興などを頼む場合には、自分たちの結婚式のコンセプトを事前に伝えて、あまりにもコンセプトとずれた余興は避けてもらうようにしましょう。大人の洗練されたシックな結婚式をつくりあげたいならば、出席者してもらう親族や友人には丁寧にコミュニケーションを取ることをオススメします。大人婚について、情報が足りない場合には、ウエディングプランナーやレンタルドレスショップなどでプロに念入りに相談すると詳しい情報が直接得られますので、足を運んだ際には情報収集を念入りに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です