30代の結婚式参列者のドレス選び

30代に入ると20代とは違い、肌の質感、体型、化粧の雰囲気などが変わって来ます。また、30代後半になると、若い頃はなかった背中やお腹周り、お尻の下などの贅肉が取れにくくなるのも事実です。

30代ではドレスの丈は短すぎず、長過ぎない丈が良いでしょう。特に、結婚式などフォーマルな場では膝丈がオススメです。ロング丈ですと、老けて見えてしまうので、ひざ上丈が無難です。

なお、結婚式の際の洋服の色は、黒を着る人が多いですが、実は黒は親族向けの色です。そのため、友人として出席場合は黒は避けた方が良いということを覚えておきましょう。

20代と違い、30代はアクセサリーなどもきちんと感のあるものをつけましょう。肌感が20代とは異なりますが、品の良いアクセサリーを選び演出しましょう。じぶんで選べない場合にはウエディングプランナーやレンタルショップなどで相談すると良いでしょう。

また、30代で最も気をつけたいのは、結婚式での常識的な対応です。例えばご祝儀の金額を1万円などとても少ない金額で渡す事は、常識のない大人だと自分から表明しているようなものですので、装いだけでなく、常識的な振る舞いをしましょう。